最近の糖尿病はペットボトル症候群が考えられる

清涼飲料水を好んで飲まれている方は少なくないと思います。
特にスポーツの間は水分補給が必須ですから、必然的に大量の汗を流し、失った水分を補給するために、スポーツドリンクやミネラルウォーターなどの飲料から水分を補給することが不可欠です。

しかし、『喉が渇く』⇒『清涼飲料水(などの商品)』を飲むことには、実は落とし穴があります。
それが、糖尿病へのリスクです。
なぜただスポーツドリンクをたくさん飲むだけで、糖尿病になる可能性があるのでしょうか。

私達の体に流れている血液には、血糖値という、簡単に言うと血中にどれだけの糖分が含まれているかどうかを示す数値があります。
この血糖値が異常に高くなってしまっている状態を、糖尿病というのです。

さて、血中の糖分が高くなる原因としては、主に偏った食生活が挙げられます。
糖分の多い食事ばかりが習慣になっていると、いつの間にか糖尿病予備軍から本軍に昇格してしまっている人も少なくありません。

そして、冒頭で述べた『喉が渇く』⇒『清涼飲料水を飲む』により、必要以上に糖分を摂取してしまう可能性があるのです。
特に糖分の多い飲料が多いからです。
糖分を摂りすぎないよう、自分の飲むものにも注意を払いましょう。