糖尿病はインスリン不足が原因で起こる例もある

この日本においても、たくさんの潜在患者がいると言われている糖尿病。
食習慣は他の国と比べても高いレベルにあると言える日本ですが、糖尿病患者が多いことにはどのような理由が考えられるのでしょうか。
それにはまず、糖尿病になる原因から考える必要があります。

糖尿病かどうかは、体内の血糖値を計測することにより行います。
糖尿病と診断される一つの原因に、『インスリン不足』があります。
インスリンとは、膵臓という器官から分泌される、血液中の血糖血を下げる役割を持っている分泌物の事です。
想像が付くかと思いますが、当然このインスリンの分泌量が減少すると、血中の血糖値は高くなってしまいます。

膵臓がインスリン供給不足状態に陥っているのです。
また、インスリンへの抵抗性が低下する(働きが鈍くなってしまう)ことによっても血糖値は高くなってしまいます。

それらにより、網膜症や腎症などの直接糖尿病が引き起こす病気になる可能性があります。
糖尿病による合併症は一番恐れなくてはいけない部分です。

また、動脈硬化や心筋梗塞、これら命に関わる病気も、糖尿病になることによってその症状が促進されてしまいます。
放っておくと、取り返しの付かない事態になる可能性の高い病気、それが糖尿病なのです。