合併症が怖い糖尿病の内容

血中の糖度が異常に高くなっている、糖尿病。
糖尿病患者が負うリスクとして合併症という問題があります。
合併症とはそれによって引き起こされる病気のことで、主に網膜症・腎症・神経障害・うつ病、そして糖尿病が促進させてしまうものとして、脳梗塞や心筋梗塞・閉塞性動脈硬化などがあります。

糖尿病網膜症とは、血液が高い糖度を示しているために、目の血管が圧迫され、出血や網膜剥離を伴い、最悪の場合は失明に至ります。
特に自覚が無く、普段の生活で急激な視力の低下を感じている人は要注意です。

糖尿病性腎症とは、腎臓において血液を綺麗にする役割を持った『糸球体』が固くなり、正しく濾過されなくなってしまい、結果的には腎不全に至ります。
症状としては尿にタンパク質が見られるようになります。

こういった糖尿病の合併症は、命に関わるものです。
普段の生活習慣の悪さや遺伝の影響なども発症の原因として考えられます。
まだそれぞれの合併症に関しては、解明されていないものも多く、根本的な治療方法が見つかっていないものがあります。
糖尿病患者が行うこととしては、いかにどのようにして合併症を引き起こさないか、そのリスクを最小限にする治療ができるかどうかということです。